企業倫理規定

第一条法令を遵守した企業活動をします。
法令には弊社の企業活動に関係する法律・政令・省令・条例などだけでなく、弊社で独自に作成した社内の様々な規程、業務マニュアルなども含まれます。
弊社はそれらの法令の立法精神やその目的、そして制定の趣旨をよく理解し、これを守ったうえで企業活動を展開していくことを基本として考えています。
第二条『人』を大事にする企業活動をします。
企業は『人』のためにあり、『人』が創り上げていくものです。『人』を大事にしない企業には将来は無いと言っても過言ではありません。
弊社は『人』を大事にする企業活動を目標とし、『人』の力でこれからも成長していくことを基本として考えています。
第三条信用を大切にする企業活動をします。
『信用』は一朝一夕で築くことのできない弊社の大切な財産です。
弊社はあらゆる関係者、そして社会からの『信用』の上に成立していることを十分に認識し、それらの人々からの『信用』を万が一にも裏切らないような企業活動をすることを基本として考えています。
第四条公正で透明性のある経営体質を維持します。
弊社は企業活動の成果については、常に適正・適法な方法によりこれを公表します。またそのほかの情報についても積極的にこれを公表し、社員はもとよすべてのステークホルダー(社員・取引先・株主・債権者など、会社に対するすべての利害関係人のことをいう)に正しく経営内容を伝えることを基本として考えています。
第五条社会正義に合致した企業活動をします。
『社会正義』に反する企業活動の端的な例は法令などに違反する行為ですが、株式公開企業として多くのステークホルダーを有している弊社には、企業としてより倫理的次元の高い行動ならびに判断が求められています。
弊社は社会正義に反するような行動を厳しく律して、社会正義に合致した企業活動を行い、関係者ならびに社会よりさらに厚い信頼を得ることを基本として考えています。
第六条個人情報を保護した企業活動をします。
弊社には企業活動を通じて得た膨大な個人情報が蓄積しており、将来にわたってますますその量は増加していきます。
この情報は弊社の財産でもありますが、一方でその使用については、関係法令に定める手続き方法にしたがった厳格な運用と管理が必要です。
弊社は、適正・適法な個人情報の使用とその情報の漏えい・毀損(きそん)・滅失防止に万全を期すことを基本として考えています。
第七条社会とともに歩んでいく企業活動をします。
弊社に限らず、すべての企業活動は社会との接点なくして成立しません。
弊社は企業活動を通じ有益なサービスをお客様に提供し、同時に社員の雇用を確保して、出資者に対しては適正な利益の配当を行っています。この姿勢は、今後も不変なものとして企業活動を遂行することを基本として考えています。
また、社会一般の様々な前向きな活動に対しては、弊社のできる範囲内でこれを支援していく姿勢を忘れません。

ページの先頭に戻る