教育制度

「最後のおくりびと」としてふさわしい人になる為に

メディアサポートでは、ドライバーになって頂く方に対して2ヶ月間の徹底した教育を行っています。
この業界の特徴として、若い運転手よりも年配の方が経験があり、細かいことに気が遣え、運転に安定感があるなどの理由で、30代から50代のドライバーの採用が多いのは事実ですが、メディアサポートではこれからさらに社会に貢献し、企業成長を遂げるためにも、若いドライバーも積極的に採用していきます。病院や葬儀会館を覚えることをはじめ、運転技術改善、悲しみの中にいらっしゃるお客様に対しての気遣いなど、非常に多くの教育プログラムが用意されています。
ドライバーは故人様にとって「最後のおくりびと」であり、どんな人にその役目をしてもらいたいか?を日々考えて、ご遺族や故人様のためにという「想い」でお客様に接していきます。

  • 気になった方は、こちらからエントリーしてください
  • エントリー

ページの先頭に戻る