プロデュース事業部

女性ならではの気遣いや細やかなサービスで通夜・葬儀や結婚式などのお手伝いをいたします。

プロデュース事業では主に、通夜・葬儀・告別式におけるアテンダントスタッフ(セレモニーレディ)が活躍するセレモニー部門と、結婚式や二次会の司会などを手配するブライダル部門があります。

女性ならではの気遣い

プロデュース事業部は、女性ならではの気遣いがお客様に喜ばれるということもあり、女性だけで運営している組織です。特に通夜・葬儀という場所では、ものごし柔らかく対応することでお客様に安心感を与え、掃除や接遇において女性だからこそ気付けることで、細やかなサービスのご提供が可能なのです。

アテンダントスタッフ(セレモニーレディ)とは

教育研修を経て特別な儀礼や慣習等の専門的な知識を持ち、女性ならではの視点とホスピタリティの心で式をサポートするセレモニー専門の女性アテンダントスタッフをセレモニーレディと呼びます。
今後は時代の変化とともに様々な形態の葬儀が増えると考えられます。現場での経験を活かし、宗派や個人のご要望に沿ったご提案と安心していただけるセレモニーを実現いたします。

メディアサポートのビジョン

今後は時代の変化とともに小さな葬儀が増えていきます。小さな葬儀や、通夜・葬儀のない火葬式などが増えれば、今後求められるのは、式進行が一人でできる能力や、担当者として一つの葬儀に関わること、葬儀の知識を持ってお客様の頼りになる存在に変化していくことです。誰もがアテンダントにとどまらず、ディレクターとしての能力を身につけ発揮できるよう、時代が求めるサービスのご提供に取り組んでおります。
この業界の中では、メディアサポートは後発で事業を始めましたが、だからこそできる、女性セレモニースタッフ(セレモニーレディ)の仕事の内容や役割を改革して参ります。

メディアサポートのプロデュース事業に関する詳しい内容はこちらをご覧ください。
メディアサポート プロデュース事業のご案内

ページの先頭に戻る